60干支

算命学の干支と干支暦60干支【六十花甲子】一覧

1. 甲子 (きのえ・ね) 頭の回転が速く、直感的で衝動的な閃き人間です。潔癖でありながら、どこかおっちょこちょいなところもあり、内には反抗心を秘めています。 記憶力が良く、俊敏で小回りのきく行動力が特徴の人です。曲がったことが嫌いで、いい加減なことの出来ない性分でもあります。中には口が軽い人もあります。 親兄弟との縁が薄く、人生に波乱が多い星です。英知が深く学問・芸術・技術・語学等の才能はありますが、離婚率が高く、配偶者運は余り良くありません。
算命学

算命学|桃太郎は陰陽五行の考えでできた話だった!

算命学の中に合法 『方三位』というのがあります。 申、酉、戌の方角は西側で金性の質があります これは攻撃本能を有しているために 桃太郎はこの3匹を選びました
算命学

算命学|高尾義政宗家講演を聞いてみた!

宇宙と多く接することは五行と多く接しているのです。 五行が人間小宇宙ではどのように捉えられているのか。 地球と人間で考えてみましょう。 木性は、自然界では樹木ですが、これは大地が崩れないように守っています。 山は森林がないと土砂崩れしやすいです。守ることが樹木です。 人間の中では筋にに相当します。 筋がなければ筋肉を伸ばすことも引き締めることも出来ないし、内臓を一定位置に保つことも出来ません。
算命学

算命学|高尾義政宗家の講演の感想

一代で事業を大きくしたというような人は犬を飼います。 これに対して文人や絵描きなど芸術的な人は猫を可愛がる人が多いようです。 これは自然の成り行きなのでしょう。 夏目漱石は「我輩は猫である」と名作を残しました。 どの動物と縁が出来るかで人間の素質を見抜くのです。
算命学

算命学 運命とは

絶対の事実であり真理です。しかしその貴方を宇宙の或る所から眺め、証拠として、ビデオカメラで撮影してみましょうか。そこに映し出された貴方は、地球と言う球の背にまたがり、足下の地球と共に時速10万メートル(地球の自転速度)の猛烈なスピードで、昼夜の別なく宇宙空間を吹っ飛んでいます。
算命学

算命学での一日完命

⑧一日完命による昇運 ここ迄は、宇宙の根源、大自然の法則、宿命、本来の自分等とすべて、目に見えない世界を語り、すべてつながっており、自分のものだと言って来ました。 しかし今一つピンと来なかったかも知れず 又、反発もあった事でしょう...
算命学

算命学鑑定で出た宿命と鑑定内容を公開します

お嬢さんをお母さんと離して暮らさせなさい。 そして、どんな軽い事でも仕事を持たせるのです。 その場所に、夫が待っています。 その夫の事で貴方は又相談に来るでしょうが、兎に角、お嬢さんの病気は治ります。 何年かすると、普通の家庭を営んでいるでしょうが、貴方々が働いている間は、間違っても同居は しないように。
算命学

算命学宿命による昇運方法

宿命に対し、受動的に生きる事。 細かく言えば自分に対して起こる、身辺の状況に逆らわずに生きる方が良いとも、書いてある事をつけ加えておきます。
算命学

算命学宿命による除難の方法

そしてお金の事は、お金に原因があり、人との争いは、人間関係の原因、病気は病気であり、又例えば親か祖父母が離別していると、何となく夫婦間がギクシャクしたり、本来の家業を、父か祖父が一転させていたら、親の跡を継いだ自分の稼業がどうにも立ち行かなくなる。
算命学

算命学で自分の宿命を知る方法

先ず、自分を一度ボンヤリと見直してみましょう。 日本と言う国、この国の何県、何町に生まれた、貴方にみえる国や町を、良い国や狭い国とか、貧しい町とか百年一日の様な町等と簡潔にです。
タイトルとURLをコピーしました